お金を貯めておくこと

安定して起業を行うためにも、生活に必要な一定の金額をためておくことはとても重要です。
これを最低半年間分は貯めておいてほしいと思います。
理想は1年でしょう。

貯金は簡単になくなってしまいます。
減っていく貯金を眺めることも精神的に非常に厳しいです。
しかし、この貯金は減っても構わないものだと事業を始める前に覚悟できていれば精神的な負担はかなり改善します。

また、生活水準を大幅に下げることもおすすめできません。
人間長くなれた生活を変えることはとても難しいのです。
毎日数百円のご飯でも構わないだろうとか、そういった皮算用はほとんど実現できないと思うべきでしょう。

「会社設立への最初の一歩」TOPへ